三田市 神戸市北区 整骨 スポーツ障害 骨盤矯正 交通事故 肩こり 腰痛

板垣整骨院

〒669-1546
兵庫県三田市弥生が丘1丁目1-1
TEL・FAX:079-562-2877
 

 

トップページ»  院長論文|脛骨顆間隆起骨折(顆間区骨折)の保存的療法の1症例

脛骨顆間隆起骨折(顆間区骨折)の保存的療法の1症例

日本柔道整復・接骨医学会 第3回学術大会 1994年(H.6)

前十字靱帯、前方顆間骨折、膝関節20゜屈曲位固定、冷却療法

<はじめに>
この骨折には前十字靱帯の剥離によって生ずる前方顆間骨折と後十字によって剥離される後方顆間骨折とがある。

今回、前十字靱帯の強力な牽引による前顆間区の剥離骨折の患者さんが来院しました。
前十字靱帯の緊張がゆるむ膝関節20゜屈曲、足関節20゜底屈位で、大腿部3分の2の位置から中足趾節間関節(MP)までギプス固定、剥離骨片の離開も修復され、良好なる1症例を経験したのでここに報告します。

<前方顆間骨折と前十字靱帯単独損傷の発生機転>
前方顆間骨折と前十字靱帯単独損傷は、同じ発生機転であると考えられる。
どちらも、脛骨の内旋と膝関節の完全屈曲が強制されたときに生ずる。
前方顆間骨折は、10才~20才に多いと記されていますが、これは、若年層の関節は軟らかく、骨も発育段階で、靱帯付着部の骨自体が軟らかく剥離されやすい理由と考える。

<膝関節における固定角度の検討>
まず前十字靱帯の解剖について述べると、脛骨の付着部の基準として、前内側帯と後外側部分に分けられる。
右膝関節の場合、前内側帯は、大腿骨顆間窩外側面の起始部前下部から左へねじれながら前方へ下行し、脛骨顆間結節の付着部前内側部に至る線維である。
前十字靱帯は全体的に左へねじれるように扇状に走行している。
次に、膝関節の伸展から屈曲に移る段階で大腿骨と脛骨の動きが、屈筋や伸筋、そして靱帯が関与して、ころがりとすべり、そして下腿の内旋が加わり前十字靱帯の長さ変化に微妙に作用する。

そこで、前方顆間骨折の保存的療法で一番よい膝関節の固定角度を検討すると、前十字靱帯の前内側帯によって剥離されている為、その前内側帯が一番ゆるむことが第一と考える。
田辺、安田らが、伸びトランスデューサーを用いて、前十字靱帯及び後十字靱帯の長さ変化に関する生体工学的研究を行った報告によると、大腿四頭筋に張力がない時に膝関節20゜~30゜が前十字靱帯の前内側帯が一番ゆるむ角度であると記されています。
それは屈曲時、大腿骨が脛骨上でうしろにころがりその時、屈筋群が脛骨をうしろへ引き大腿骨の前方へのすべりが生じ、丁度20゜~30゜の角度で前内側帯がゆるむのではないかと推測する。
そして屈曲が50゜以上になると下腿の内旋が増し、大腿四頭筋の張力も増す爲、前十字靱帯の前内側帯は伸張されるので骨片が自然整復されない。
又大腿骨と脛骨の間隙が狭い方が骨片を脛骨の母床へ押し下げやすい。

以上のことから、前方顆間骨折の固定肢位は、大腿四頭筋の張力が極力少なく、前十字靱帯の前内側帯がゆるむことと、大腿骨が骨片を脛骨の母床に押し下げること、又下腿の内旋が少ないことを考え合わせると、膝関節屈曲20゜が最適な固定であると判断します。

(症例)左脛骨前方顆間骨折、8才、女子
(原因)スキーをしていて、ボーゲンで止まろうとして頚骨の内旋と膝関節の完全屈曲が強制され負傷
(症状)膝関節の自発痛、圧痛、腫張、血腫、下腿動揺性、屈伸痛、著明
(処置)ギプスにて、大腿骨3分の2の位置から中足趾節間関節(MP)まで、膝関節20゜屈曲、足関節20゜底屈位で固定、松葉杖歩行にて荷思不可とする。

<治療経過>
初日から1週間;固定により自発痛減少。冷却療法にて腫脹軽減につとめる。
1週間後;(x-p)の結果、骨折部が近づく。腫脹軽減により固定力低下し、ギプスを巻替える。
2週間後;(x-p)の結果、ほぼ骨折面が整復される。
4週間後;(x-p)の結果、骨折部の仮骨形成良好。腫脹減退によりギプス巻替え。
6週間後;(x-p)の結果、骨折部が癒合す。ギプス除去し包帯固定を施行。6週間以降は、温熱と軽擦による治療開始。又徐々に荷重をかけるように指導。自動運動も開始。
46日目;自動屈曲70゜自動伸展-10゜
48日目;自動屈曲90゜自動伸展-5゜
50日目;自動屈曲110゜自動伸展0゜
8週間後;自動屈曲150゜自動伸展0゜
9週間後;松葉杖除去
11週間後;日常生活には支障なく、正座可能、走行可能にて治癒す。
6ヶ月後;(x-p)の結果、骨癒合良好。

<考察>
1、 前十字靱帯の前内側帯の緊張が一番ゆるむ膝関節20゜屈曲位の固定が最適である。
2、 膝関節20゜屈曲固定により、自然に骨片が母床に近づき無理なく骨折部が自然整復した。
3、 腫脹減少に伴う固定のゆるみに注意し、その都度、ギプスを巻替え膝関節の安定性を保持した。

<むすび>
前方顆間骨折は、最初に整復しなくても、膝関節20゜屈曲位固定と冷却療法を行うことで骨折に伴う、自発痛、筋緊張、腫脹などの整復障害因子が除かれ、骨折部が自然整復され好成績を得られました。